老眼の症状を把握しておこう【老眼になりやすい人の特徴】

中年女性

筋トレと栄養で改善する

四十代になると老眼の症状が出始め近くのものが見えづらくなります。実は二十代から老化は始まっているので早めに対処しておきましょう。老眼は筋トレとピント調節の運動、そしてサプリメントで改善することも可能です。

詳しく見る

メガネ

きちんとケアする

40歳あたりから老眼を自覚し始める人は多くなります。病気ではなく白髪が多くなってくるのと同じ生理現象です。老眼の初期症状は近くのものが見えにくくなったり、近くのものから遠くのものへ焦点を合わせようと思っても合わなくなってきます。老眼鏡を適宜使うことで解消できます。

詳しく見る

眼

目の健康を守るために

老眼は老化現象なので治ることはありませんが、対策をとることで症状の悪化を緩やかにすることができます。その一つが目の健康に良い栄養素を摂取することです。食事からでは十分に補うことが難しいですが、サプリを利用すると手軽に栄養素を補え、症状を軽減できると評判です。

詳しく見る

中年女性

日頃のケアを大切にしよう

老眼は加齢による目のピント調節機能の衰えによって、近くのものが見えづらくなる症状を指します。目の開閉を繰り返したり、近くのものと遠くのものを交互に見るなどのストレッチを行う事で症状の発症を抑えたり、緩和してくれます。日常的にストレッチを行い備えておくのが良いでしょう。

詳しく見る

笑顔の女性

使いすぎに注意する

電話やメールといった通信機能だけではなく、ゲームや動画といった遊びも楽しめるスマフォは子供から大人までも夢中にさせる人気のツールです。しかしこのスマフォを長時間使用することで、若くても老眼の症状を発症させているケースが多く存在しています。

詳しく見る

近くのものが見えにくい時

視力検査

目を酷使しているなら

近くのものが見えにくくなってきたという場合は老眼になっている可能性があります。老眼の主な症状には近くのものが見えにくいというだけではなく目の疲れ、かすみ、頭痛や肩こりなどもあり、上記のようなことに思い当たる節があるならば注意しておきましょう。老眼になりやすい人の特徴はパソコンやスマートフォンなどを日常的に使用する人がなりやすいと言われており、モニター画面を近くで見る時間が長ければ長いほど老眼になりやすくなってしまいます。一昔前までは老眼になる人は初老と言われる40歳を過ぎた頃が多かったのですが、近年ではパソコンやスマートフォンを使用する若年層でも広がりを見せるようになっており、早い人だと30代ぐらいで老眼の症状が出てくることもあります。プログラマーなど仕事でどうしても目を酷使しがちになってしまうという場合は、適度に目を休める休憩を取るようにしたり、モニターのブルーライトをカットするなどの対策をとるようにしましょう。スマートフォンの使用中に目の疲れを感じてきたという場合も目を休めることは重要で、それで老眼の症状が改善したケースもあります。この他にも老眼になりやすい人の特徴は糖尿病を患っている人や体調が悪い人などもなりやすいと考えられています。また近視の人は老眼になりにくいという説もありましたが、これは誤りで近視の人でも老眼の症状が出てくることは十分に考えられるので、注意が必要になってきます。