老眼の症状を把握しておこう【老眼になりやすい人の特徴】

使いすぎに注意する

笑顔の女性

気づいた時点で眼科へ来院

人は誕生してから直ぐに老人になるわけではなく、中高年あたりから老化現象といわれる症状がいくつか発症してくるのです。その代表的な例としてあがるのが、一般的に老眼と呼ばれる症状で加齢により焦点をあわせづらくなる一種の目の障害になります。老眼になったと自覚症状がでてくるのが、40代から50代の中高年の頃が最も多いとされているのをご存知でしょうか。これは間違いではありませんが、実際には焦点があわせづらくなっている症状自体は、20代で始まっているのです。特に近年になって普及したスマフォの乱用が拍車をかけ、若い世代に焦点があわせづらくなったという患者が来院するケースが増えています。スマフォやパソコンの画面が発するブルーライトが、眼に強い刺激を与えて老眼を早める確率が高まっているというのです。このケースでパソコンよりもスマフォの方が、より危険視されているのはスマフォの方が場所を選ばず使えるので使用時間が長いことがあげられます。さらにパソコン画面よりも小さいことで、スマフォと使用者の距離をつめすぎる傾向にあることも老眼の原因といえるでしょう。インターネットとの親和性が高いスマフォは、通信だけでなくゲームや動画も楽しめる便利なツールで、若い世代が夢中になるのも理解できます。しかしスマフォ老眼が一時的な症状で終わればまだしも、そのまま固定されてしまうと本格的な老眼として診断されることもあるのです。初期段階では眼の充血やドライアイそして眼の奥が痛いなどを、訴え始めるので少しでも早く眼科での診察をおすすめします。